>

綺麗に磨くコツを知ろう

フローリング用の洗剤

雑巾掛けをしても、汚れが落ちないとイライラしてしまいます。
逆に精神状態に悪い影響を与えるので、少しの力で簡単に汚れが落ちるよう工夫してください。
頑固な汚れには、洗剤を使うのが最もいい方法です。
洗剤を水に溶かしたり、直接雑巾に吹きかけるといいでしょう。
それから床を磨くと、どんな汚れでも落ちます。

しかしドラッグストアで販売されている洗剤は、ほとんどが化学系の洗剤です。
身体にダメージを与えるかもしれないと覚えておきましょう。
皮膚に付くと、炎症を起こす人もいるので注意してください。
デリケートな肌をしている人は、ゴム手袋をしながら雑巾掛けをするのがおすすめです。
また自然由来の洗剤である、重曹を使ってもいいですね。

乾いた雑巾で拭いて終わり

洗剤で雑巾掛けをして、終わりではありません。
乾いた雑巾でもう1回拭いて、本当に終わりになります。
すると、滑りにくくなるので安全性も高まります。
フローリングが滑りやすいと、家族が転んでケガをしてしまうかもしれません。
特に小さい子供や高齢者は骨が脆く折れやすいので、再度拭くことを忘れないでください。

重曹を使っていた場合も同じで、乾いた雑巾で拭かなければいけません。
そのままにしていると、重曹が固まって汚れになってしまいます。
少し手間が掛かりますが、この作業を行うことでもっと住宅が綺麗になります。
綺麗な住宅でクラスと、毎日が楽しくなるでしょう。
雑巾がけにはたくさんのメリットがあるので、敬遠しないでください。


この記事をシェアする